ゴルフ

ゴルフ初心者コンテンツ一覧

男性

初めてのゴルフクラブの選び方
ゴルフのルールでは、14本以内であれば何本クラブを持っていても大丈夫なんです。けれど、初心者のあなたがいきなり14本も揃えることはありません。12本くらいを目安にして、少しずつ揃えていくと良いでしょう。

 

ウェアは機能性で選ぶ?デザイン性で選ぶ?
ゴルフのウェアって一体何を基準にして選べば良いのでしょう。機能性?それとも、デザイン性?初心者だったら、迷ってしまいますよね。今は、吸水性や速乾性、抗菌効果まである機能性にもデザイン性にも優れているゴルフウェアがたくさん販売されています。

 

クラブとウェア以外で必要なもの
コースでラウンドするようになると、クラブとウェア以外にも必要なものが色々と出てくると思いますが、一体どんなものが必要となってくるのでしょう。

 

基本的なルールの覚え方
最初から細かいルールやローカルルールまで覚える必要はありません。最低限の基本的なルールだけは覚えるようにして、後はプレーを積み重ねて、その状況を自分で体験しながら、少しずつルールを覚えていけば良いのです。

 

上達のために打ちっぱなしに行く?
初心者の場合、まずボールを打つことに慣れることが大切です。そのため、打ちっぱなしに行って何度もボールを打つことはとても良いことだといえますね。

 

ドライバーの飛距離が伸びない理由
どうしてドライバーの飛距離は、あなたが思っているようには伸びてくれないのでしょう。まず、覚えておいてほしいことは、ゴルフのボールというものは、ヘッドスピードを速くしてヘッドの芯でインパクトさせることさえできれば、自ずと飛距離も伸びるということです。

 

アプローチはどうやって練習する?
ゴルフ初心者にはアプローチが苦手という人も多いですね。では、どのようにしたらアプローチが上達できるでしょう。アプローチを軽く腕だけで打つ人が初心者には多いようです。しかし、それでは方向が定まらず、距離も目測が狂ってしまいます。

 

打ったボールがスライス・フックする場合
ゴルフで言うスライス・フックとは、利き腕と同じ方向に飛んでいくのがスライスで、逆方向に飛んでいくのがフックと定義付けられています。ですから、右利きか左利きかによって、スライスもフックも飛ぶ方向が逆ということになります。

 

パターが苦手なときの練習方法は?
よく映画やドラマなんかでも、社長室などでパター練習をしている映像が流されたりしますね。自宅にパターセットを持っている人は案外多いのではないでしょうか?パターはそのように何処でも練習することができますから、比較的習得が簡単なショットと言えるかもしれません。

 

バンカーショットが苦手な人の練習方法は?
バンカーショットが苦手な人も多いですね。と言うより、プロでも苦手な人は多いかもしれません。バンカーショットのコツは、ボールを打ち上げるために砂を一緒に打つことにあります。砂と一緒にボールの下からすくい上げるように打つということですね。

 

ゴルフを学ぶなら誰に学ぶのがいい?
実は多くの場合、一番最初にゴルフに誘ってくれた人から基礎をちょこっと教えてもらい、その後はゴルフに関する書籍などを読みながら、独自に練習する人がほとんどなんですね。ちょっとした空き時間を利用して素振り練習をしたり、ゴルフの練習場に通いつめる人も。

 

初めてコースを回るときの注意点
ゴルフは紳士・淑女のスポーツと呼ばれています。ゴルフはお金持ちのスポーツと思っている人が多いのは、そんな理由があるからなんですね。ですが、紳士・淑女とは必ずしもお金持ちのことを指しているわけではないのです。それは、ルールやマナーを守れる人が行うスポーツという意味です。

初心者のゴルフエントリー一覧