ゴルフスコアアップ

中古ゴルフクラブの問題

初心者なら中古品のゴルフクラブで十分だと言う意見に多くの人が納得するでしょう。しかし、中古品にはシャフトの劣化と言う重大な問題があることを認識しておかなければなりません。

 

ゴルフクラブの選び方として、サイズや重量を自分に合ったものにすることが重要ですが、中古品の場合はこれまでどれくらい使用されてきたかもチェックしなければなりません。

 

シャフトは硬い金属ですが、スイングをする度に瞬間的にしなっています。これが金属の劣化を引き起こすのです。いつかはシャフトが折れてしまうのです。

 

もちろん、これは商品の不良ではありません。正しい使い方をしていたとしても、いつかは折れてしまうのです。シャフトには寿命があるのです。

 

初心者には新しいゴルフクラブと中古のゴルフクラブの違いがわかりません。しかし、長年ゴルフをやっている人には、劣化し始めたゴルフクラブに違和感を持ってしまうのです。

 

思った程飛距離が出ない、打つ度に調子が変わると感じるようになったら、何らかの劣化が始まっていると考えるべきでしょう。金属の劣化は材質に関わらず発生します。

 

カーボンでもスチールでも同じことです。球筋が定まらない気がしたら、新しいゴルフクラブの購入を検討しましょう。

 

選び方は初心者の時に比べると、ずっと知識は豊富になっていますから、迷うことはないでしょう。劣化したままのゴルフクラブを使用していると、プレー中にシャフトが折れてトラブル発生の危険性もあります。

ゴルフクラブと実力

ゴルフクラブを変えると、これまでのことが嘘のようにスコアが伸びたという話を聞きます。もちろん、ゴルフクラブの選び方は重要でしょうが、それよりも実力が大事なはずです。

 

初心者のゴルフクラブ選びは、高級品を購入することではありません。ただ、ゴルフクラブには初心者向け、上級者向けがあります。自分がどの程度の実力なのかを知った上で、選び方を考えなければなりません。

 

初心者は自分がどの程度打てるのかわかっているわけではありません。したがって、無難な初心者向けを選ぶことになります。まずは素直な弾道を取ることができるゴルフクラブが大切です。

 

力を入れたからと言って、ボールの飛距離が伸びるわけではありません。ゴルフを楽しむことが大切です。そのためには、いろいろなゴルフクラブがあることを知りましょう。ゴルフクラブにはシャフトの硬さや重量に違いがあります。

 

硬いと飛びやすくなりますが、コントロールが難しくなります。重量は体力がないと振り抜くことができません。ショップで試し打ちができる場合は、一度試してみることも重要ですね。

 

振った感じがスムーズであれば、自分に合っていると言うことです。何度も練習をしていると、だんだんとスイングの要領がわかってきます。それはある意味、実力がついてきたと解釈することもできます。

 

使っているゴルフクラブに物足りなさを感じるようになったら、新しいゴルフクラブの購入を検討しましょう。その時にはもっと上のクラスの商品を選ぶのです。