ゴルフ用品のあれこれ

ゴルフ用品のあれこれ

男性

さまざまなゴルフ用品が市販されていますが、これは主に、ゴルフ人口の急激な増加が原因でしょう。

 

ゴルフを始めようとする人が増えれば増えるほど、 腕を上げる方法を探す人が増加します。

 

その結果、業界がかなり活気づいてきています。

 

ゴルフ用品1つを扱う会社だけでも、全部そろっています。

 

その結果、すばらしくゴルフの役に立つものから、 ばかばかしい装置まで販売されているのです。

 

その中から、いくつか例を挙げてみましょう。

 

ゴルフ練習場に行く時間が取れなかったり、 裏庭が狭くて練習できなかったりする場合は、 いくつか選択肢が考えられます。

 

バーチャルゴルフもできますが、 ボールを打ったときの満足感が得られません。

 

limited flight ball(飛距離が限定されるボール)が お探しの答えでしょう。

 

ティーの上にボールを置いて、ほかのボール同様に打ちます。

 

しかし、特定のエリアにしか飛びません。

 

もしくは、普通のボールとネットを使っても良いでしょう。

 

問題は、ボールを打つたびにネットを打ってしまうことです。

 

もちろん、パッティングパッドといった お助けグッズでのパッティング練習はよくありますね。

 

これなら、オフィスやリビングルームでもできます。

 

なるべくカップつきの簡単にできるパッドか、 ボールが戻ってくるタイプのものが良いでしょう。

 

技術系の方なら、 デジタル式のスコア記録計も使えるかもしれませんね。

 

コースでのスコアがすぐに記録できるだけでなく、 保存もしておけます。

 

過去のゲームの記録をすぐに呼び出し、 現在のゲームの参考にできます。

 

ゴルフに打ち込んでいれば、 役に立たない贈り物をされた経験があるでしょう。

 

ゴルフクラブカバーを考えてみましょう。

 

ハンドメイドのかぎ針編みのカバーから、 かわいい漫画のキャラクターまでさまざまです。

 

ありとあらゆるカバーが、ギフト用に市販されているのです。

 

カバーには役割があります。

 

ゴルフバッグから虎やねずみのようなカバーを見せて コースを歩いていても、 安全性に問題はないと認識している人がほとんどです(笑)。

 

ゴルフボールの位置を特定するのに苦労していませんか?

 

ステンシルで見つけやすくなります。 ステンシルでボールに印をつけてティーの上に置くだけで、 目標がわかりやすくなります。

 

メトロノームはいかがでしょうか?

 

ギターをゴルフ場に持っていくつもりではありませんよね?

 

ゴルフ用のメトロノームを使うと、 ゴルフスイングのリズムを取るのに役立ちます。

 

ゴルファーに、 さまざまな用品選びができるのは間違いありません。

 

ゴルファーの役に立つものもあれば、 無駄なものにお金を集めているだけの商品もあります。

 

こういった小さな機器は、 あるゴルファーには無駄な場合もありますが、 ほかの人にはプレイ改善に役立つこともあります。

 

 

 

ゴルフ映画を観る場合は動機に注意

なんらかの形で、ゴルフが登場する映画がいくつかあります。

 

ゴルファーなら、映画に出るプレイヤーやゴルフの試合について評論したい誘惑に駆られるものです。

 

熱心なゴルファーで、次のゴルフ映画を楽しみにしている場合は、その動機に注意してください。

 

ゴルフの指導を求めても、がっかりするだけです。

 

ゴルフ映画の場合、わざとひどいスイングを撮る場合以外は、 ミスショットはしません。

 

それがハリウッド・マジックというものです。

 

多くの人は、スポーツの映画を見て、 そのスポーツをしてみたいとイメージするものです。

 

ゴルフも例外ではありません。

 

ハリウッドでは、あらゆるテーマの映画を撮影しています。

 

また、 ハリウッドのゴルフ映画は良い作品もありますが、 見るに値しないものもあります。

 

映画を見る人次第でしょう。

 

ケビン・コスナー出演のゴルフ映画を例に挙げてみましょう。

 

ほかにも、マット・デイモン、ウィル・スミス、 そしてアダム・サンドラーまでもがゴルフ映画に出演しています。

 

ここでは3つの例を挙げますが、それだけではありません。

 

まず、「Tin Cup(ティンカップ)」の話から始めましょう。

 

伝説的なゴルフはわかりますが、 ケビン・コスナー演じるロイ・マカヴォイが 伝説的な地位を手にしたいきさつが伝わりません。

 

世界的レベルのゴルファーでありながら、 なに1つ成し遂げられなかった人物だということしか 伝わってきません。

 

彼が、地元の精神科医のレネ・ルッソに出会うところから おもしろくなってきます。

 

紆余曲折の末、「カップ」と呼ばれる主人公が、 自分にはU.S.オープンに出場する資格があると認めるのです。

 

理論的には可能ですが、U.S.オープンの出場枠に入るのは ツアープロにとっても極めて難しいことです。

 

ましてや、ゴルフ場のレッスンプロには無理でしょう。

 

全体として見れば、悪くない映画です。

 

ただし、挫折したゴルファーであるケビン・コスナーが、 精神科医のレネ・ルッソに励まされてU.S.オープンに出る というのは予測しがたいでしょう。

 

次に、 “The Legend of Bagger Vance(バガーヴァンスの伝説)” をご紹介しましょう。

 

主演のマット・デイモンを コーチのウィル・スミスが育てていく過程で、 主人公が自分自身や自分にとって大切なものを見い出していく というお話です。

 

この映画は、シャリーズ・セロンの父親が、コース建設後に 大恐慌が起こったために自殺する場面から始まります。

 

シャリーズ・セロンは、 ボビー・ジョーンズとウォルター・ヘーゲンに マッチトーナメントでのプレイを強要します。

 

街のリーダーは、地元のゴルファーに参加するよう主張します。

 

この試合にマット・デイモンも参加するのです。

 

最終的には三者が引き分けるため、敗者のない試合です。

 

しかし、マット・デイモンとシャリーズ・セロンは、 彼が第一次世界大戦に行く前に結婚しており、 結局よりを戻します。

 

彼らが再び結婚して、 その後、幸せに暮らすのはお決まりの成り行きですね。

 

この映画では、ウィル・スミス(バガーヴァンス)が マット・デイモンを精神的に導いており、 ナレーターとして、ハーディ・グリウーブスも出演しています。

 

次に、アダム・サンドラーの “Happy Gilmore(俺は飛ばし屋 プロゴルファー・ギル)”は、最もあり得ないゴルフ映画でしょう。

 

挫折したホッケー選手がおふざけでゴルフをやってみたら、 才能があったことに気づくのです。

 

しかし、ほかのゴルファーが ギルにショットを打とうとするのがとんでもない上に、 誤って自分に当たってしまうのです。

 

ギルのボールに向かってホップする「ドライビング」スタイルは、ゴルフ場ではうまくいきません。

 

些細な失敗で、ボールがとんでもない方向へ飛んでいきます。

 

プレイヤーがボールとつながっていればわかりませんけどね。

 

もちろん、この映画は、シリアス映画ではありません。

 

アダム・サンドラーはコメディアンです。

 

映画を見ればよくわかります。

 

しかし、もっとシリアスなゴルフ映画には 、 球聖ボビー・ジョーンズの生涯を描いた作品もあります。

 

 

 

 

 

ゴルフの基礎知識
ゴルフレッスンは必要か?
ゴルフクラブの手入れ
ドライバーの働き
女性ゴルファーへの贈り物
ゴルフボール選びのポイント
テクニックやスタイルを解析
ゴルフは打つのが仕事
ボールを打つ強さはどうやって判断するか
ゴルフ指導ビデオの探し方
インターネット・ゴルフレッスン
7番アイアンは完璧なクラブ
グリーンの速さを測定するスティンプメーター
サンドウェッジとピッチングウェッジを検討
ウッドは7番がベスト
ゴルフトラップ

5番アイアンは必要?
9番アイアンは何のために使うのか?
1番アイアンは使い道のないクラブ?
ゴルフで最も重要な要素
ソフトでハンディキャップを調べる
ゴルフ学習DVDの利用
テレビゲームでのゴルフは最高