ボールを打つ強さはどうやって判断するか

ボールを打つ強さはどうやって判断するか

男性

素人は、ゴルフの試合を見てこう想像します。

 

止まったボールを打つのは、簡単じゃないのかな、と。

 

つまり、メジャーリーグの野球選手は、年がら年中、 ハイスピードで飛んでくる球を打っているわけです。

 

その点を考えて、素人は簡単にリラックスしてできるスポーツ だと考えてしまいがちです。

 

でも、考え直してください。

 

小さなボールを打つことの難しさがわかれば、 すぐにやめてしまう人が多いのです。

 

鉄製のクラブなら、当然、何百ヤードもボールを飛ばしますが、初めてスイングする初心者では、ほとんど飛びません。

 

少しも飛ばないこともあります。

 

さらにひどいときは、後ろに飛んでしまうこともあります。

 

小さなボールを打つのは、目で見るよりずっと難しいのです。

 

人間の性としては、 アイアンをボールの下に入れるようにしてボールを打てば、 空中に飛んで行くでしょう。

 

しかし、クラブを見てください。 後ろに向かって角度がついています。

 

ボールの下に入れて打つようにはなっていません。

 

そのため、ボールをすくい上げようとするのですが、 クラブのアングルフェイスの間に捕らえてしまいます。

 

これが、ボールが飛ばない理由です。

 

上に打とうとするより、 打ち込む方法を身につけるのがベストです。

 

ボールを打ち込めば、角度のあるクラブがうまく使えます。

 

アップスイングにはなりません。

 

ボールを打ち込むことで、ゴルフボールの前部に当たります。

 

簡単なことです。

 

しかし、この1打には練習が必要です。

 

大きく強いスイングをしたいでしょう。

 

ボールの打ち方を習得する練習だけでなく、 この誘惑に抵抗する訓練も必要です。

 

打ち上げたいという誘惑に勝てるようになったら、 腕が上がった証拠です。

 

ここで、なぜいろいろなゴルフクラブでショットを打つのか、 その理由を考えてみましょう。

 

どの程度の飛距離が必要かを判断したら、 アングルによってクラブを選びます。

 

練習はしているものの、まだ選び方のコツがつかめない場合は、人に尋ねましょう。

 

ゴルフ場には、アドバイスをしてくれる係の人がいます。

 

おそらく、プライベートレッスンも受けられるでしょう。

 

プロショップで助言を受けましょう。

 

また、一緒に回る相手に聞くのも良いでしょう。

 

会った人に、ボールを打つためのヒントを 教えてくれるかどうか訊いてみましょう。

 

ばかばかしいとお考えでしょうが、 ほかのゴルファーの習得話を聞くのは楽しいものです。

 

誰もが、同じような道をたどってきたのです。

 

こういったヒントを念頭に置いて、練習に戻りましょう。

 

アップスイングでなくダウンスイングにするには 時間がかかりますが、 何度も練習して方法を体に覚え込ませましょう。

 

決してあきらめないでください。

 

ゲームはリラックスできるかどうかにかかっています。

 

ボールを打つことだけに躍起になることはありません。

 

 

 

風の中でのゴルフ

ゴルフでは、天候条件は大きな役割を果たしますが、 風が一番問題となります。

 

濡れたコースでは、打ってもボールが転がらず、 遠くに飛びません。

 

風の状態も、なにより、ゴルフのできに関係するのです。

 

それはなぜでしょうか?

 

まず、風はボールの弾道に影響を与えます。

 

飛ばそうとしたコースを外れて、思いもよらない場所に落ちます。

 

さて、ここで、性別にかかわらず、 ゴルファーの大多数が右利きで、 右手を使ってプレイすることを思い出してください。

 

右利きの人から見た影響が、よく話題になっていますね。

 

しかし、まず、風速についてはご存知なくても、 風の吹く方向については注意が必要です。

 

もちろん、ゴルフ場の上に強風が吹いている場合は、 風が後方で吹かない限りは、 どんなにがんばって打とうとしても無駄でしょう。

 

このような場合は、ボールをなるべく高く飛ばし、 風にまかせた方が良いでしょう。

 

ゴルファーが第1打の打ち出し場所にいるとして、 風が右から左に吹き抜けている場合はどうでしょうか?

 

ティーボックスからホールまで150ヤード離れた パー3のホールを見ているとします。

 

グリーンの真ん中に旗が見えます。

 

どのように考えれば良いでしょうか?

 

直接旗を狙って打てば、ホールの左にボールがそれて がっかりなどということが考えられますね。

 

グリーンの斜面にもよりますが、 この結果、ボールが完全にグリーンから逸れて、 チップショットを余儀なくされ、 なんとかパーということもありえます。

 

賢明なゴルファーなら、風を考慮に入れてショットを考えます。

 

387ヤードのパー4のホールで、 強風が直接顔に当たる場合はどうでしょうか?

 

スタンスを変えて、 ボールが風の影響を受けないように低く保ちます。

 

そうすれば、かなりドライブがかかります。

 

また、アプローチショットの際も、 風を考慮に入れなければなりません。

 

ボールが低い位置にキープできるようにスタンスを決めましょう。

 

また、通常よりワンサイズ大きいクラブを選ぶのも良い考えです。

 

残り150ヤードで7番アイアンを使う状況で、 顔に強風が当たるようなら、 5番アイアンか6番アイアンを使いましょう。

 

 

 

 

ゴルフの基礎知識
ゴルフレッスンは必要か?
ゴルフクラブの手入れ
ドライバーの働き
女性ゴルファーへの贈り物
ゴルフボール選びのポイント
ゴルフ用品のあれこれ
テクニックやスタイルを解析
ゴルフは打つのが仕事
ゴルフ指導ビデオの探し方
インターネット・ゴルフレッスン
7番アイアンは完璧なクラブ
グリーンの速さを測定するスティンプメーター
サンドウェッジとピッチングウェッジを検討
ウッドは7番がベスト
ゴルフトラップ

5番アイアンは必要?
9番アイアンは何のために使うのか?
1番アイアンは使い道のないクラブ?
ゴルフで最も重要な要素
ソフトでハンディキャップを調べる
ゴルフ学習DVDの利用
テレビゲームでのゴルフは最高