ゴルフトラップ

ゴルフトラップ

男性

それは悪夢のようです。

 

完ぺきなスイングで、なおかつ完ぺきなスタンスで、あなたを悩ませているスライスも起こさなくて済んだとします。

 

なにもかも、うまくいったにもかかわらず、バンカーやひざまである草にはまったり、コース最大の木の背後に隠れてしまったりということが、ときどきあります。

 

ゴルフ場が、バンカーも砂も水もない、完全に平らだったら、最も打ち込んでいるゴルファーでさえ、退屈な想いをすることでしょう。

 

障害物があってこそ、良いゲームになるのです。

 

こういった、ひどい状況から抜け出す術をご存知なら、こういったトラップに、もっと感謝すべきでしょう。

 

あなたのボールが、木のすぐ後ろで止まる確率はどの程度でしょうか?

 

そんなときは、いくつか、選択肢が考えられます。

 

大きく打って、木の中を通すこともできますが、ゴルフ仲間やメンテナンスクルーの同意は得られないでしょう。

 

ゴルファーの多くが選ぶ方法は、1パットを犠牲にして、良い位置にボールを置くことでしょう。

 

最善の選択かどうかは、あなたのゴロファーとしての腕や、このワンプレイにリスクを賭けたいかどうかで決まります。

 

近くに別の木がある場合は、そこに当てて跳ね返すこともできますが、かなりコントロールが難しいでしょう。

 

でこぼこした樹皮に当たって、どこへ飛んでいくか見極められません。

 

コースに出る前に、カーブボールの練習をしておいた方が良いでしょう。

 

そうすれば、自信を持って打てます。

 

砂地には、ほかの問題もあります。

 

多くのゴルファーが選んでいる方法は「強打&見る」方法です。

 

ゴルフバッグからサンドウェッジを出して、ボールを通常と同じポイントで強打し、ボールが飛んで行く方向を砂で判断します。

 

ゴルフでは、一貫性が重要です。

 

バンカーからボールを出す場合も、例外ではありません。

 

砂の中でボールをコントロールするのは、難しいものです。

 

砂の中では、ゴルフボールがうまく転がらないため、バンカーからのパットはコントロールが難しいのです。

 

バンカーから上げるショットをしょっちゅう体験している場合、信頼できる唯一の方法は、ウェッジを使ってボールを高く上げることでしょう。

 

ウェッジは、慎重に選びましょう。

 

砂に邪魔されないように、高く打ち上げてください。

 

とは言え、高く上げないほうが、コントロールはしやすくなります。

 

どんな障害物であれ、しっかり見て、最善のクラブを選択し、ショットの準備をして、ボールをコントロールすれば、フェアウェイに戻せるでしょう。

 

 

 

理想的なゴルフ旅行

理想的なゴルフ旅行とは、どういうものでしょうか?

 

率直に言えば、人によって千差万別です。

 

必ずしも、同じでなくても良いのです。

 

メジャーなコースへ出て、プロがプレイしたのと同じコースで、プレイできるようになるのが理想だと言う人もいます。

 

マスターズかU.Sオープンが開催されるコースで、プレイしたくないゴルファーがいるでしょうか?

 

いるはずがありません。

 

たいていの人は、出場するためなら何でもするでしょう。

 

アーノルド・パーマーやタイガー・ウッズのような伝説的人物がプレイしたコースなのです。

 

(そうです。タイガー・ウッズは、若年ながら数多くのトーナメントに勝利したことだけで、ゴルフの伝説的人物と敬われているのです)

 

しかし、ほかの人にとっての理想的なゴルフは、天候条件に応じてプレイすることくらいではないでしょうか?

 

穏やかな天気で風も弱いほうが、クールになれるという人もいれば、極端な天候の方が、やりがいがあると考える人もいます。

 

華氏100 度(37.7 度)を超える日や、氷点下の日に、こういった悪条件のもとで、どの程度プレイできるか見たい人もいるでしょう。

 

また、雪の中や、夜間にプレイする人もいます。

 

こういったゴルファーは、ゴルフボールも特注します。

 

夜間のプレイヤーは、暗闇で光るボールを使いますが、木の間に入るときや、その他の危険に備えるために、懐中電灯が必要です。

 

雪の中でプレイする人用に、蛍光ゴルフボールもあります。

 

こういった明るい色のボールは、雪に覆われたコースのなかで見つけやすいからです。

 

どちらにせよ、極端な気候でのゴルフは難しいため、気弱な人や下手な人は避けましょう。

 

極端に暑い場所でプレイする人は、水をたくさん持って行きましょう。

 

ただし、アルコール飲料は避けてください。

 

寒い場所でプレイする人は、歩いてコースを移動する際でも体温が下がらないように、魔法瓶に温かい飲み物を入れて持っていきましょう。

 

このようなゴルフが理想的だと考えがちな人もいるのです。

 

しかし、ほとんどのゴルファーにとって、理想的なゴルフというのは、友達とお気に入りのコースに出かけて、草地の上でボールを追いかけ回し、あまり勝負に真剣になりすぎずに、楽しいときを過ごすことなのです。

 

こういった人たちが一般的なゴルフ客であり、カップルや4人組で回る姿が良く見られます。

 

良くないショットには注意し合い、良いショットやパットが打てた場合にはほめ合うのです。

 

真剣にゲームを行なっている人でない限り、最終的なスコアはあまり関係ありません。

 

一緒に楽しい時間が過ごせて、日々の生活のストレスから解放されるだけで満足なのです。

 

奇妙なことに、そういう人たちは、自分たちだけでゴルフを楽しみたがります。

 

また、1人で回る人もいます。

 

そういう人は、コースを歩きながら、あらゆるティーボックス、フェアウェイ、およびグリーンの感触を自分の足で確かめたいのです。

 

 

 

 

ゴルフの基礎知識
ゴルフレッスンは必要か?
ゴルフクラブの手入れ
ドライバーの働き
女性ゴルファーへの贈り物
ゴルフボール選びのポイント
ゴルフ用品のあれこれ
テクニックやスタイルを解析
ゴルフは打つのが仕事
ボールを打つ強さはどうやって判断するか
ゴルフ指導ビデオの探し方
インターネット・ゴルフレッスン
7番アイアンは完璧なクラブ
グリーンの速さを測定するスティンプメーター
サンドウェッジとピッチングウェッジを検討
ウッドは7番がベスト

5番アイアンは必要?
9番アイアンは何のために使うのか?
1番アイアンは使い道のないクラブ?
ゴルフで最も重要な要素
ソフトでハンディキャップを調べる
ゴルフ学習DVDの利用
テレビゲームでのゴルフは最高