ソフトでハンディキャップを調べる

ソフトでハンディキャップを調べる

男性

トップアマのゴルファーなら、きちんと決められたハンディキャップがあるでしょう。

 

誰もが、あなたの能力に注目して、プレイを見守っていますからね。

 

しかし、普通のアマチュアゴルファーにとって、ハンディキャップ計算はつまらない事務仕事です。

 

そこで、技術の助けを借りてしまいましょう。

 

ハンディキャップを計算してくれるソフトウェアや、インターネットプログラムがあります。

 

スコアを調べて、トーナメントのハンディキャップを決めるのです。

 

インターネットソースから有料ソフトウェアパッケージまで、さまざまな選択肢があります。

 

価格帯もいろいろで、900 円〜1100 円程度のものもあれば、9000 円を超えるものもあります。

 

インターネットソースを選ぶ場合は、インターネットのプライバシーポリシーをチェックし、なりすまし犯罪に使われるような個人情報を知らせないでください。

 

プログラムで可能な内容は、価格によってさまざまです。

 

すべての計算をして、統計を集計表にまとめてくれるプログラムもありますし、単にハンディキャップの数字だけを教えてくれるものもあります。

 

どれを選んだとしても、プログラムに数字を入れるだけで、記録を取ってくれます。

 

雑事に割く時間がない多忙な方の1人なら、ハンディキャップを出すための入力すらできないかもしれません。

 

一方、こういったプログラムを使うことで、良い成績を出さなければと、やる気が出るかもしれません。

 

ソフトウェアでなくインターネットサービスの利点は、どのコンピューターからもインターネットにアクセスして情報を入力できることです。

 

つまり、ランチタイムゴルフから戻ったあとにオフィスで入力もできますし、コースからクラブハウスに戻った直後にも可能です。

 

どこでも記録をプリントアウトできます。

 

ハンディキャップを調べれば、いろいろと好影響が現れます。

 

のん気なゴルファーなら、ハンディキャップを定期的に更新しないでしょうが、記録することで、上達しようという気持ちが起こってくるものです。

 

コースで良いショットが打てれば、上達した証拠と言えますが、数字ほどはっきりした成果はないでしょう。

 

ソフトウェアプログラムの結果が、誰にでも受け入れられるものではないことに注意してください。

 

ソフトウェアにお金と記録するための時間と労力をつぎ込む前に、参加するトーナメントについて調べてみましょう。

 

ソフトウェアプログラムのデータ使用が可能か尋ね、添付書類の決まりをチェックしましょう。

 

トーナメントに参加する前に、ハンディキャップルールをチェックしましょう。

 

いくつかのインターネットソースで調べられます。

 

トーナメント用に、数字を文書化する方法もわかります。

 

自分のゴルフ上達のために使う場合でも、トーナメントでのプレイ用に使う場合でも、現在の正確なハンディキャップを数字にすることが大切です。

 

さもないと、間違った評価をしてしまい、上達できません。

 

 

 

ウォーミングアップの重要性

ウォーミングアップは、どの程度重要なのでしょうか?

 

ひと言で言えば、必須です。

 

プロならば、省略できないステップだと言うでしょう。

 

しかし、しょっちゅうプレイしているあなたなら、体調さえ良ければ、一刻も早くティーアップしたいでしょうね。

 

2〜3回スイングの練習をすれば、十分でしょうか?

 

クラブハウスから出た瞬間から、いつでもプレイできる状態だと考えるでしょうが、数分のウォーミングアップを怠れば、けがをするか、ひどい成績に終わってしまうのです。

 

車は数十年前は、高速に乗る前は、暖機運転が必要でした。

 

エンジンの回転数を上げて、オイル類を完ぺきに循環させ、車を走らせる準備ができてから、スタートしたものです。

 

人間の体も同じです。

 

数年たったからと言って、なにも変わっていません。

 

体には、ウォーミングアップが必要なのです。

 

歳を取ると、さらに多くの時間を取る必要があります。

 

ウォーミングアップは、どのように行なえば良いでしょうか?

 

ゴルフ練習場で、バケツ一杯のボールを打つ必要はありません。

 

健康体操を1回することもありません。

 

ゆっくりと、1ダース程度のボールを打ちます。

 

短い距離から始めて、徐々に距離を延ばしていきます。

 

1ラウンドが始まる前に、軽い運動をするのも良いでしょう。

 

少しウォーキングをしても、かまいません。

 

多くの人が(主に男性)、グリーンで心臓発作やその他の重篤な症状を起こすのは、ゴルフをするための体の準備ができていないためです。

 

のんびりとゲームを楽しんでいるとしても、体は過酷な要求をされているものです。

 

ときどきプレイする程度なら、始まる前に、少なくとも30 分〜1時間程度のウォーミングアップが必要です。

 

つまり、早目に現地へ行くか、別の場所でウォーミングアップを済ませていきましょう。

 

コースの練習場で、ウォーミングアップするのが一番でしょう。

 

家を出る前に、道具を使って練習し、クラブハウスからかなり離れた場所に車を停めて歩き、ウォーミングアップするゴルファーもいます。

 

しょっちゅうプレイする人は、体調が良ければ短時間のウォーミングアップで十分だと考えるでしょうが、第1打を打つ前には、きちんと時間をとっておきましょう。

 

ウォーミングアップが十分でないと、筋肉が緊張して、厳しい動きができません。

 

筋肉を傷めると、残りのゲームに差し支えます。

 

クラブハウスに閉じこもる羽目になりますよ。

 

ウォーミングアップ時間は、1人になって、これからのゲームについて考える時間だと言うゴルファーもいます。

 

友人やパートナーと一緒に、ウォーミングアップをする人もいます。

 

どちらにせよ、きちんとウォーミングアップの時間を取りましょう。

 

そうすれば、このゲームだけでなく、次のゲームでも良い結果が残せます。

 

 

 

 

ゴルフの基礎知識
ゴルフレッスンは必要か?
ゴルフクラブの手入れ
ドライバーの働き
女性ゴルファーへの贈り物
ゴルフボール選びのポイント
ゴルフ用品のあれこれ
テクニックやスタイルを解析
ゴルフは打つのが仕事
ボールを打つ強さはどうやって判断するか
ゴルフ指導ビデオの探し方
インターネット・ゴルフレッスン
7番アイアンは完璧なクラブ
グリーンの速さを測定するスティンプメーター
サンドウェッジとピッチングウェッジを検討
ウッドは7番がベスト

ゴルフトラップ
5番アイアンは必要?
9番アイアンは何のために使うのか?
1番アイアンは使い道のないクラブ?
ゴルフで最も重要な要素
ゴルフ学習DVDの利用
テレビゲームでのゴルフは最高