サンドウェッジ 打ち方

ゴルフ サンドウェッジの打ち方のコツ

男性

サンドウェッジとは、ゴルフクラブの種類の一つです。

 

バンカーから打球するために用いるクラブになります。

 

砂地のスイングに用いることから、砂の抵抗に負けないような作りになっています。

 

砂地からのショットをバンカーショットといいますね。

 

では、このバンカーショットの打ち方のコツについてご説明したいと思います。

 

まず、当然ではありますが、バンカーから脱出することを最優先に考えることです。

 

サンドウェッジのバウンズの部分を上手に使って打つことがポイントになります。

 

しかし、打つだけでは脱出は出来ても、どこに飛ぶかはわからないので、目標方向に向かってスイングの向きを調整する必要があります。

 

打ちたい方向に向かって、フェイスの向きを調整し、体の向きを変えます。

 

バンカーショットが苦手だという人は、大抵の場合、練習が足りていないことが多いです。

 

コツやポイントをつかめなければ、バンカーショットも上達しません。

 

そして、バンカーショットのコツをある程度つかむためには、練習が必要なのです。

 

しかしながら、普段ゴルフ場で、バンカーに行くことも少ないかもしれませんね。

 

わざと、バンカーに行くようにラウンド回数を増やしてみるのもいいと思いますが、ゴルフ練習場のバンカー部分でやってみるのが一番手っ取り早いです。

 

実際に上手くバンカーから打てるようになると、ゴルフが面白くなることでしょう。

 

もちろん、バンカーに入れないにこしたことはありませんが、もし、バンカーに打ち込んでしまっても、精神的なダメージが少なくなるはずです。

 

 

 

アイアンの打ち方のコツ
ドライバーの打ち方のコツ
パターの打ち方のコツ
ユーティリティクラブの打ち方のコツ
セルフプレーの注意点
小原大二郎プロのゴルフレッスンDVDならおすすめスポーツDVD通販

 

 

ゴルフスイングの基本とは?

ゴルフを楽しむ上で一番重要なのは、ゴルフスイングをマスターすることですね。

 

正しいゴルフスイングを身につけることが出来なければ、思った方向に球を飛ばすことも出来ませんし、思った飛距離を飛ばすことも出来ません。

 

もちろん、ゴルフスイングを身につけただけで、これらが上達するわけではなく、正しいゴルフスイングを身につけた上で、さらに練習を積むことが大切です。

 

まず、ゴルフスイングで一番重要なのは、その姿勢とフォーム、体重移動です。

 

これは、自分では出来ているつもりでいても、微妙に傾いていたりする事も多いですから、出来れば上手な人から指導を受けることをお勧めします。

 

技術力のある人にスイングを見てもらって修正を入れるというのは、とても大切なことです。

 

ゴルフスイングでは、リズム・タイミングも重要と言われています。

 

言葉で覚えるのではなく、身体で覚えるのです。

 

球を打つ瞬間に最大限の力が出せる必要がある上、その瞬間にコントロールも出来なければなりません。

 

それは初心者に取ってはとても難しいことではありますが、練習で克服しましょう。

 

その為にも正しいゴルフスイングを身につける必要がありますね。

 

スイングはクラブによっても微妙に変わってきますから、慣れてきたら様々なクラブでのスイング練習もした方がいいでしょう。

 

特に初心者に多いダフリは、練習を重ねることで自信がつけば、自然と少なくなっていきます。