パター 打ち方

ゴルフ パターの打ち方のコツ

男性

ゴルフを行う際のパターの打ち方については、どういったコツがあるのでしょうか?

 

実は、パターには、決まった形というものはないようです。

 

プロでも、使っているパターの形や打ち方は人それぞれ違っていることが多いでしょう。

 

ただし、手首を使ったような打ち方をすると、方向や飛距離に問題が出てくるので止めた方が良さそうです。

 

要は手首・腕は固定して打ち込むというのが、基本になります。

 

ボールを打つ時の強弱も大事になってきます。

 

あと一点はヘッドアップしないように気をつけることです。

 

実際に、「こうしたらいい」というのがあまりないので、打ち方のコツというものも説明が難しいでしょう。

 

上手な人の真似をするなどして、その人に合ったパターの打ち方を模索していくのが一番です。

 

パターというのは、カップインラインをイメージして、ゴルフボールを打つ。これだけなのですが、簡単そうに見えて、なかなか上手くいかないものです。

 

また、あまり意識しすぎるのもよくありません。

 

フォロースルーのみを意識して打つようにすると上手くいくかもしれませんね。

 

カップを意識しすぎると、かえって上手くいかなかったりしますから、あまりカップを意識しないで、カップを見ずに打った方が、上手くいくこともあります。

 

パットの打ち方は、経験や練習量、精神状態などにも左右されるものです。

 

プレッシャーや緊張に負けないためにも、日頃からパットの練習を怠らないようにしておきましょう。

 

 

 

アイアンの打ち方のコツ
サンドウェッジの打ち方のコツ
ドライバーの打ち方のコツ
ユーティリティクラブの打ち方のコツ
セルフプレーの注意点
小原大二郎プロのゴルフレッスンDVDならおすすめスポーツDVD通販

 

 

初心者のゴルフクラブの選び方とは?

ゴルフクラブ選びは、ゴルフの基本とも言える部分ですから、是非知っておく必要がありますね。

 

ゴルフクラブは、初心者の場合はセット販売されているものを購入するのが一番間違いがないかもしれません。

 

ゴルフクラブは14本以内という決まりがありますから、その中で必要なクラブを揃える必要があります。

 

もちろん、使わないのに無理に14本揃える必要はありません。

 

最初は必要最低限のものだけを選んで、使い方をマスターする方が良いでしょう。

 

一般的には、初心者はハーフセットで十分と言われています。

 

まず、最低限必要なのは、ドライバーとフェアウェイウッドでしょう。

 

ウッドはドライバー以外に、3番、5番、7番から二本選ぶのが初心者では妥当でしょう。

 

フェアウェイウッドは何本か揃えている人が多いですが、最近では比較的オールマイティーと言われるユーティリティークラブを利用する人も増えているようです。

 

次に、目的の飛距離によって使い分けるアイアンが必要です。

 

使い分けるのですから、基本的に本数は多いほど良いことになりますが、初心者ではそこまで使い分けることは難しいでしょうから、キャビティーアイアンを利用するとよいでしょう。

 

他にもミスが出にくい中空アイアンや操作性に優れたマッスルバックがあれば十分でしょう。

 

揃えるとしたら、アイアンの5〜9番と、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジを用意しましょう。

 

そして最後に、パターが必要ですね。

 

これらを目安に、12本程度のゴルフクラブを揃えれば十分とされています。