ゴルフのアプローチ

ゴルフのアプローチはどうやって練習する?

男性

ゴルフ初心者にはアプローチが苦手という人も多いですね。では、どのようにしたらアプローチが上達できるでしょう。アプローチを軽く腕だけで打つ人が初心者には多いようです。

 

しかし、それでは方向が定まらず、距離も目測が狂ってしまいます。アプローチは軽く腕だけで打っているように見えますが、通常のスイングのように身体の回転をしながらショットを打つのが正しい打ち方です。

 

そんな大振りな打ち方している人は見たことがないと思われる人も多いでしょう。身体を回転させながらも、小ぶりに打つのです。

 

このやり方を習得するためには、昔から一つの方法が推奨されています。それは、左の脇の下にタオルを挟んでボールを打つ練習です。最初はボールなしのスイング練習でも、もちろん構いません。

 

腕だけでスイングしているとタオルが落ちてしまいますから、このタオルが落ちないように練習するのです。これを繰り返し練習することで、身体の回転を利用しながら振り幅を調節するスイング技術が身についていきます。

 

アプローチを上手に打つにはいくつかのコツがあり、その一つが上記に記したように体の回転を利用しながら打つということです。そして、力加減で距離を調節しようとせずに、バックスイングの振り幅で距離を調節するのです。

 

これをマスターできると、しっかり体の回転を利用しながら思った距離と方向にアプローチショットが打てるようになります。

 

 

 

初めてのゴルフクラブの選び方
ウェアは機能性で選ぶ?デザイン性で選ぶ?
クラブとウェア以外で必要なもの
基本的なルールの覚え方
上達のために打ちっぱなしに行く?
ドライバーの飛距離が伸びない理由
打ったボールがスライス・フックする場合
パターが苦手なときの練習方法は?
バンカーショットが苦手な人の練習方法は?
ゴルフを学ぶなら誰に学ぶのがいい?
初めてコースを回るときの注意点

 

 

フォーティーンの特徴

1981年に有限会社としてフォーティーンを設立した竹林隆光さんには、ゴルフクラブの設計家としての実績はもちろん、ゴルファーとしても日本オープンベストアマという輝かしい実績があります。

 

それだけに、フォーティーンのゴルフクラブは、全てのゴルファーがワンランク上を目指せるように作られているのです。フォーティーンのゴルフクラブの特徴は、誰でも簡単にスピンがかけられることでしょう。

 

こだわりのエッジをきかせたスコアラインにより、抜群のスピン性能を生み出しています。フォーティーンの製品の中でも、特にアイアン・ウェッジには定評があり、スピン性能や方向性が高く評価されているのです。

 

設計が絶妙ですから、ゴルフ初心者でもプロ並みのショットを実現させることが可能になります。

 

飛距離を伸ばすことよりも、ウェッジで正確な距離を打ち、コントロールすることを意識して、今まで打つことができなかったショットが打てるゴルフクラブを目指しています。

 

フォーティーンでは、新商品の開発時には、ターゲットの的を絞り、どんな性能を持たせるかを明確に決定した上で開発されているそうです。

 

例えば、MT−28V4ウェッジは、モデルによってソール幅やバンス角が細かく設計されており、自分に合ったクラブを選ぶことができます。

 

ヘッドの重量が適度に上部に配置されることで、ヒッティングポイントを一定に保つことが難しい状況でも、フェースの向きを一定に保つことが可能です。

 

つまり、しっかりとボールを捉えて打つことができるわけです。そのため、ボールにきちんとスピンをかけることができて、安定したショットへと繋がるでしょう。

 

また、トップを斜めにカットするなどの工夫でデザインもシャープな印象になっていますし、ノーメッキの黒染めが選べるのも魅力です。