ゴルフ

ゴルフを学ぶなら誰に学ぶのがいい?

男性

実は多くの場合、一番最初にゴルフに誘ってくれた人から基礎をちょこっと教えてもらい、その後はゴルフに関する書籍などを読みながら、独自に練習する人がほとんどなんですね。

 

ちょっとした空き時間を利用して素振り練習をしたり、ゴルフの練習場に通いつめる人もいるようですが、多くの人は独学で覚えていくようです。

 

とはいえ、本を読んだだけで上手にできるなら苦労はしません。やはり、自分のフォームが崩れていないか、スイングがぶれていないかをチェックしてくれる人がいるかいないかでは大きな違いがあります。

 

大抵は友人や同僚など、自分とそれほど技術差のない人と練習することが多いようですが、できれば自分より上級者に見てもらった方が上達できます。

 

ただ、それがわかっていても、身近でそういう人物を探すのは容易なことではありませんね。また、いたとしても練習できる時間が合うとは限りません。

 

そのため、ゴルフスクールに通う人もいます。一人で通う人もいれば、友人と一緒に通う人もいて、そのやり方はそれぞれです。ゴルフスクールもスクールによって全く違いますから、そのあたりは事前によく調べてから決めたいものです。

 

もちろん、一番通いやすいところを選びたいのは分かりますが、通う目的がなんなのかをはっきりさせてから決めるようにした方がいいでしょう。

 

・室内練習だけのスクール
・ラウンドやコースレッスンを行うスクール
・グループ制のスクール
・マンツーマンのスクール
・指導力の高いコーチがいるスクール
・コーチがアルバイトのスクール

 

ゴルフスクールと一言でいっても、上記のように色々なところがありますから、まずは体験レッスンなどを受けてみてください。

 

 

 

初めてのゴルフクラブの選び方
ウェアは機能性で選ぶ?デザイン性で選ぶ?
クラブとウェア以外で必要なもの
基本的なルールの覚え方
上達のために打ちっぱなしに行く?
ドライバーの飛距離が伸びない理由
アプローチはどうやって練習する?
打ったボールがスライス・フックする場合
パターが苦手なときの練習方法は?
バンカーショットが苦手な人の練習方法は?
初めてコースを回るときの注意点

 

 

ヤマハの特徴

ヤマハは1887年11月に創業者である山葉寅楠がオルガン製作に成功したことから始まりました。

 

ヤマハは楽器の製造販売メーカーとしても広く知られていますが、ゴルフ事業ではトーナメントを開催するなどして飛躍しています。ヤマハのゴルフクラブのinpresXは、今とても注目を集めているゴルフクラブです。

 

圧倒的な飛びと先進の科学デザインが人気を集めています。力を一点に集中させる重心の同期と引く力を解放するタイミングを追求して開発された製品です。

 

独自の網目パターンをもったパワーケミカルミーリングクラウンを搭載することにより、軌道を強くしていますし、フェース近くの密度を高めて強度を高めつつも、肉薄化と軽量化を実現しています。

 

ゴルフクラブはシャフトのしなりがインパクトの瞬間にクラブヘッドにいかにパワーを伝えられるかにかかっているため、ヤマハのゴルフクラブの技術力はかなり高いと評価されているのです。

 

また、ユーザーに合わせて3つのタイプがあり、自分に合ったタイプのクラブを選ぶことができるのも魅力でしょう。

 

まず、強い軌道で飛距離を伸ばしたい人向けに4.6V、しっかりボールを捉えて飛距離を伸ばしたい人向けに4.6D、ボールが左にそれることを恐れずに飛距離を伸ばしたい人向けの4.6DTypeSがあります。

 

いずれも飛距離を伸ばすことを重視したゴルフクラブですが、自分に合ったタイプを選ぶことでスコアアップに繋がります。

 

女性ゴルファー向けの製品としては、ヤマハFeminaシリーズが人気です。

 

男性に比べるとどうしても力が弱い女性でも楽に扱える軽さは当然として、握る位置などのガイドがついているため、ゴルフ初心者の女性にも好評です。