コースを回る

ゴルフで初めてコースを回るときの注意点

男性

ゴルフは紳士・淑女のスポーツと呼ばれています。ゴルフはお金持ちのスポーツと思っている人が多いのは、そんな理由があるからなんですね。

 

ですが、紳士・淑女とは必ずしもお金持ちのことを指しているわけではないのです。それは、ルールやマナーを守れる人が行うスポーツという意味です。

 

ゴルフはルールやマナーに厳しいスポーツですが、特に難しいことを要求されるわけではありません。

 

様々なルールが定められていますが、それらは全て「安全確保」と「他のプレーヤーへの配慮」「コースの保護」を目的としたものです。

 

ですから、それらを念頭においておけば、むしろ当たり前のことをしましょうというだけのことです。

 

とはいえ、それは挨拶や服装、喫煙所以外では禁煙といったごく当たり前のことから、前後のプレーヤーに対する配慮など、多岐にわたってたくさんのルールがあります。

 

前のグループに追いついたら、前のグループが十分進むまで打ち込んではいけないとか、後のグループの迷惑にならないようスピーディーにプレーするとか?

 

バンカーにはまってしまったら、脱出後には綺麗にならして足あとなどを残さないようにする。グリーンを傷つけないように歩く、傷つけたら直すといった心遣いが必要とされます。

 

できれば、本などでゴルフマナーについてよく学んでからコースに出るようにしたいものです。また、ゴルフ場によって服装や履物の制限にも違いがあります。

 

極端にだらしない格好でなければ許される所もあるようですが、全く受け付けてもらえないゴルフ場もあるでしょう。

 

 

 

初めてのゴルフクラブの選び方
ウェアは機能性で選ぶ?デザイン性で選ぶ?
クラブとウェア以外で必要なもの
基本的なルールの覚え方
上達のために打ちっぱなしに行く?
ドライバーの飛距離が伸びない理由
アプローチはどうやって練習する?
打ったボールがスライス・フックする場合
パターが苦手なときの練習方法は?
バンカーショットが苦手な人の練習方法は?
ゴルフを学ぶなら誰に学ぶのがいい?

 

 

ウイルソンの特徴

1914年に創業したウイルソンは、シュバルツチャイルト&ザルツバーガー社という精肉業者が精肉後のスジや皮を再利用し、ビジネスに繋げようと考え、会社を設立したのがはじまりです。

 

「完璧なインパクトをお届けすること」をコンセプトに、長い歴史を重ねてきました。歴史の長いメーカーなだけに、ウイルソンのアイアンやゴルフセットなどに強い思い入れや思い出を持つ人も多いのではないでしょうか?

 

ウイルソンのゴルフクラブは、セットの人気が高くなっています。Ultra Maxxにはウッド3本、アイアン1本、パター1本が入っており、特に人気です。また、アイアンシリーズではディスタンスアイアンが注目されています。

 

ディスタンスアイアンと名づけられたこのアイアンを作るために、2000人以上のゴルファーにリサーチして、さらに、何千回ものロボットテスト、大勢のアマチュアゴルファーによる試打テストをすることによって生まれたクラブです。

 

ウイルソンのアイアンの大きな特徴は、性能を高めるためにウエイト・ディストリビューション構造という重量配分構造になっていることです。

 

ダングステン、ステンレス、ジュラルミンの3種類の比重の異なる素材を組み合わせて設計することで、重心を最適な位置におくことができるようになっています。

 

また、3Dレーザー精密溶接によって、有効高反発エリアの拡大を実現することができたため、飛距離のアップにも繋がるでしょう。

 

他にも、シャフト部分に新素材であるフラーレンをコンポジェットすることでカーボン樹脂量の削減をはかるなどして、ウイルソンは長い歴史に甘えることなく常に改良を重ねて新商品の開発に努めているのです。