ゴルフ場

ゴルフ場に行く前日に心がけておくこと

男性

ゴルフ場へ行く前日に心がけておくことは、たくさんあります。

 

例えば、予約をしっかりしているかの確認ですね。これをもし忘れていたら、ゴルフ場へ行っても何もできません。

 

必ずチェックしておきましょう。

 

それが済んだら、次はゴルフ場までの道のりのチェックです。

 

どういった道順で行けば良いのか、時間はどれくらいかかるのか?あるいは、当日に自分が車を出す場合は、誰を乗せていけば良いのか?また、乗せて行く人達とはどこで待ち合わせをするのか、どの道を通って迎えに行くのか等々…。こういったことは、必ずチェックしておきましょう。

 

というのも、ゴルフ場は細かいタイムスケジュールの中で運営しています。もし遅刻した場合は、次の組のスケジュールを狂わせないためにプレーができなくなる可能性もあるのです。必ずしっかりとタイムスケジュールを頭に入れておきましょう。

 

持って行く道具を全て確認したら、後は寝るだけ…ではありません。天気予報や渋滞予想のチェックもしておきましょう。ひどい雨の場合は、キャンセルも視野に入れなければなりません。また、真夏にカンカン照りとなる場合は、暑さ対策を強化する必要があります。真冬の雪も同様です。

 

渋滞予想で、通る予定の道が渋滞になると思われるケースでは、道を変えるようにしましょう。渋滞に巻き込まれると、遅刻は確実です。そうなってしまえば、その日のプレーは難しくなります。それだけ済んだら、後はすぐに寝てしまいましょう。ゴルフは体力勝負。寝不足で挑めば、苦しい一日が待っています。

 

 

 

初心者用ゴルフコースの料金

有名な大会が行われる全国でもメジャーなゴルフ場は、やはり値段設定もそれなりに高いのが通常です。中には、複数のコースを用意しており、その中でリーズナブルなセルフプレー料金を設定しているゴルフ場も多数ありますが、それでも大抵1万円以上はします。

 

しかし、中には1万円以下でプレー可能な初心者向けのゴルフ場もたくさんあります。そんなリーズナブルなゴルフ場をいくつか紹介しましょう。

 

まず、東日本から。安価なゴルフ場を探したい時には、栃木県がおすすめです。例えば、初心者向けのコースとして人気の高い「東那須カントリークラブ」は、セルフで4,200円でプレーができます。「益子ヒルズゴルフクラブ」であれば3,300円、「25メンバーズC 那須Gガーデン」なら3,300円でのプレーが可能と、かなり安く抑えることができます。

 

一方、西日本では、兵庫県に安い初心者向けのゴルフ場がたくさんあります。「雲雀丘ゴルフ倶楽部」は4,810円、「播州カントリークラブ」は4,500円でのプレーが可能です。また、三重県には「嬉野カントリークラブ」という3,500円でプレー可能なゴルフ場もあります。これらのゴルフ場は、いずれもセルフプレーとなっています。

 

初心者向けのゴルフ場は、最低限のサービスであれば、5,000円を切る所がたくさんあります。あまり贅沢はできないという人でも、これくらいの料金であれば月に何度か通うことができるでしょう。予約は原則として平日の方が取りやすく、料金設定も安くしている所が多いので、平日に時間が取れるのであれば、その方が休日に利用するよりもリーズナブルです。