ゴルフ場

チェックイン後の準備

男性

無事にチェックインが終わったら、ロッカーのキーを受け取りましょう。

 

ロッカーキーは、自分が使用するロッカーの鍵です。ロッカーには、自分の着替える服等を入れておきます。

 

ロッカールームは混雑することもあるので、混み合っている時には時間帯をずらすなどの対処をしましょう。

 

ロッカーには着替え等の私物を入れますが、貴重品は入れてはいけません。貴重品は、フロントの周辺にある貴重品BOXに入れます。

 

チェックインの際に指示がある場合は、それに従いましょう。指示がない場合は、貴重品BOXがどこにあるのかを係員に訪ねておくと良いでしょう。

 

着替えが済んだら、いよいよプレー開始…というわけではありません。その前に、まずゴルフ場内のコースに出るにあたっての用意をします。ロッカーキーは失くさないよう注意しましょう。ロッカーキーはただロッカーを開け閉めするための鍵というだけではなく、持ち運びをする際にスコアカードを挟む役割もあります。

 

スコアカードごと落とさない限り紛失することはほぼないので、あまり神経質になる必要はないでしょう。小さいバッグも持参して、タオルや小銭入れを入れておくと便利です。ゴルフは結構体力を消耗するので、水分を補給するために自販機で飲み物を購入することも視野に入れておく必要があります。

 

これらの準備を終えたら、コースへ行く前にまず練習場へ行きましょう。ゴルフ場には、大抵練習場が併設されています。その練習場で、コースを回る前の最終チェックを行います。

 

 

チェックインは落ち着いて

ゴルフ場でプレーする当日が訪れたら、まず前日にチェックしたことをおさらいして頭を完全に覚ましましょう。その後、予定していた交通手段でゴルフ場へと向かいます。そして無事現地に着いたら、いよいよチェックインです。

 

チェックインをする際、初心者の方は慣れないためにかなり緊張するようです。特に初めての人は、プレーより緊張するという感想がかなり多いくらいです。とはいえ、実際には大したことはしませんので落ち着いて臨みましょう。

 

チェックインする際、会員制のゴルフ場では、まず玄関でキャディさんや係員が待機しています。そこに車を停め、ゴルフバッグを預ければカートに積み込んでくれます。次に、車を駐車場へ停めに行きます。この時、運転する人以外は降りても問題ありません。

 

その後、係員の案内に従って受付へ向かい、チェックインを行います。特に難しいことは何もなく、指示通りに動けばOKです。基本的にはフロントへ行き、そこで名前や住所などを記載するだけです。ホテルのチェックインと大差はありません。

 

チェックインの際に気をつけるポイントは、例えば身だしなみであるとか、駐車場に停めている車に貴重品を置き忘れていないかなど、むしろ事前にこそあります。チェックインすることで頭がいっぱいになって、車のライトを消し忘れることもよくあるようです。特に冬場は、朝方に訪れるとまだ周りが暗いためにライトをつけて走行するので、消し忘れには注意しましょう。