ゴルフ場

トラブルの際のマナー

男性

初心者の方はもちろん、熟練者の方でもトラブルに見舞われるのがゴルフというスポーツです。

 

ゴルフ場では、様々なトラブルがプレーヤーを待ち受けています。

 

トラブルにあったことで動揺し、頭が真っ白になるケースも多いのですが、その際にもマナーを遵守することは必要です。

 

ゴルフ場におけるトラブルといえば、プレー中のミスショットによって生まれるものが多いですね。

 

例えば深いラフから思いきり打った際や、フェアウェイ上でダブった場合、クラブが土に接触し、大きくえぐってしまうことがよくあります。それをそのままにしておくのは、明らかなマナー違反です。

 

自分で土をえぐった場合は、それを元に戻すのがマナーというものです。そこで活躍するのが、目土袋です。目土袋とは、ホールとホールの間にある目土を入れる袋で、ダブったりしてできたショット跡、すなわちディポット跡に土を補充し、平らな状態に戻すためのものです。

 

目土袋には常に土を入れておきましょう。こうすることで、えぐれた部分の芝が枯れるのを防ぐことができます。ゴルフ場でのトラブルは、この他にもいくつもあります。例えば、ゴルフ場には排水溝やスプリンクラーヘッドなどがありますが、ボールがこれらに挟まったり乗ったりすることがあります。

 

あるいは杭のそばなど、打てないような場所にボールが飛んでしまうケースも結構あります。その際には、ニアレストポイントというものを決め、そこにボールをドロップします。ニアレストポイントというのは、トラブルがあった場所に最も近い、ボールを打てる場所です。

 

そのポイントに直立した格好でボールを持った手を真っすぐ前に出し、ボールを落とします。この時、ボールが転がり過ぎたり、プレーに有利になったりするような転がり方をしたりした場合はやり直しとなります。

 

 

最低限これだけはコースを出る為に必要な道具

キャディバッグやヘッドカバー等、ゴルフをする為には必要だと思われる道具がたくさん有ります。テレビで見ているとタイガーウッズとかはNIKEの物を使っていたりとか、タイガーウッズのロゴが入っている物とか色々有りますよね。そう言う道具を使っている人もたくさんいる事でしょう。そこでゴルフをする為に必要な道具と言うのをご紹介してみましょう。

 

【ゴルフボール】
もう、ボールは無きゃ絶対ダメでしょう。と言う位ゴルフにとっては必需品の道具です。ではどの位コースに出る時に持っていったら良いのでしょうか?訳分かんない所に飛んで行って見失ってしまうという事も大いに有ります。そう言った事も考えても初心者で大体1ダース程有れば良い様です。もしそれでも不安だと言う人はそれ以上持っていきましょう。無くなったからと言って他の人に借りる事だけは避けたい物です。

 

【ゴルフシューズ】
よくスニーカー等でラウンドをしている人を見かけますが、出来ればゴルフシューズを1足用意していただきたいと思います。ゴルフシューズはゴルフコースを回る為に考えられて作られている物です。グリーンや芝を保護してくれる役割も持っています。ゴルフ場に対してのマナーでも有りますのでゴルフシューズは用意しましょう。専用のシューズケースやキャディバッグにも入れられるタイプの物が有りますよ。

 

【グローブ】
グリップを滑りにくくする為、手の平を保護する為にグローブは必要になります。大体は利き手と逆のグローブを着用します。両手用と言うのも有りますが感覚的にちょっと鈍い感じが有るので片手用がお勧めです。夏場にプレイする場合は汗で濡れちゃう可能性が有りますので何枚か持っていると更に便利です。