ゴルフ場

バンカーショット等の際のマナー

男性

ショットトラブルは、打つことが不可能なケースもあれば、元々ゴルフ場のコースに用意してあるトラップに掛かってしまうトラブルのケースもあります。

 

後者の場合は「ハザード」と呼ばれ、ゴルフ場における名物のひとつとなっています。

 

バンカーショットは特に、プロの試合でも手に汗を握る瞬間ですね。

 

そんなバンカーショットをはじめとしたハザードショットは、多くの場合何らかの跡を残します。

 

それをそのまま放置するのは、大きなマナー違反です。ゴルフ場では、自分でしたことは全て自分で処理するのがマナーです。それは、バンカーショット等においても当然例外ではありません。

 

バンカーショットは、初心者以外の熟練者でも相当難しいショットです。場合によっては、何打もかかってようやく出るということもあります。そうなると頭が真っ白になり、ついつい後片付けを忘れがちになりますが、後の人達のためにもしっかりと処理しておく必要があります。

 

バンカーショットの後は、ショットの衝撃でできたデコボコを、レーキを使ってならします。これをバンカーならしと言います。レーキというのは、必ずバンカーの近く、もしくはその中に置かれている、砂をならすための道具です。これを使ってデコボコを平らにし、元通りになったらレーキは元あった場所に戻しておきましょう。

 

ウォーターハザードの際は、もし打てる位置であれば水中であっても打って構いません。ただ、プロ以外ではほとんどの人が1打ペナルティを受けて最寄りのポイントにドロップをします。時間を使わないようすぐに判断しましょう。

 

 

練習場、マスター室前での過ごし方

ゴルフ場では、それぞれの組に順番が回ってくるまでは、コース上でプレーすることはできません。そのため、順番が回ってくるまでの時間を有効に使うことが重要となります。最も効果的な時間の使い方は、練習場での練習です。

 

練習場で練習をするためには、まずマスター室へ向かい、そこで練習ボールのコインを購入する必要があります。この場合、その場で現金を支払うのではなく、後でまとめて精算となるので、お金は小銭以外持たないようにしましょう。ここでは、ロッカー番号、氏名を所定の用紙に記入すればOKです。

 

ボール用コインを受け取ったら、練習場までクラブを持って向かいましょう。ただしキャディバッグは持ち歩かず、数本のクラブを持っていくようにします。練習場で注意するのは、パターの練習です。パターはグリーン上で行うことになりますが、そこでは複数のゴルフプレーヤーが同時に練習します。

 

その際、その他のプレーヤーの練習している邪魔をしないことがマナーとなります。例えば、他のプレーヤーが打とうとしている際、そのライン上にいると当然邪魔になります。また、グリーン上で走ったり、ふざけあったりするのもご法度です。周囲に気を配りながら、自分のスペースを見つけて練習を行いましょう。

 

また、練習時には自分の組の順番が回ってくる時間にも常に気を配っておきましょう。ギリギリになって駆け込むようではダメです。ある程度余裕を持ってマスター室前へ行き、そこでスコアカードや記載用の筆記用具の確認をし、ルールや自分のクラブの確認をしておきましょう。ゴルフ場では、スケジュール管理が何より重要となります。