ゴルフ場

グリーン上のマナー

男性

数あるゴルフ場のマナーの中でも、とりわけ注意が必要なのはグリーン上です。

 

グリーン上では繊細なプレーが求められるため、プレーヤーはかなり神経質になります。

 

そのため、少しのマナー違反が他のプレーヤーへの迷惑行為につながりかねません。

 

周囲に迷惑を掛けないよう、また悪影響を及ぼして印象を悪くしないよう、グリーン上のマナーは遵守しましょう。

 

ゴルフ場のグリーン上におけるプレーは、まずグリーンにボールを乗せることから始まります。グリーンに乗ったら、パターを持ってグリーン上へ向かいましょう。

 

原則として、グリーンではパター以外は使用しません。例外もありますが、少なくともアマチュアにおいては他の選択肢は考えなくても良いでしょう。グリーンにあがったら、ボールのあった位置にマーカーを置いて速やかにボールを拾います。

 

キャディさんがいない場合は、パター以外のクラブをグリーンエッジに置き、ピンも抜いて同じ場所に置いておきます。パットの際に重要なのは、他の人のラインを踏まないようにすることです。ピンを抜くのは最初にグリーンにボールを乗せた人か、一番ピンに近いところにボールを寄せた人です。

 

各ボールのラインを確認した上で、そのライン上を回避しながらピンを抜きましょう。グリーン上では、足を引きずるような歩き方は絶対にNGです。グリーンは非常に繊細にできていて、強く踏むだけでもラインが変わります。そうなると、しっかりとラインを読んで打ったパットもあらぬ方向へ転がってしまいかねませんので注意しましょう。

 

 

昼食時のマナー

基本的に、ゴルフという競技は一日がかりです。非常に長期に亘るプレーを、ゴルフ場内にて行います。そのため、途中に休憩や昼食を挟むことがほとんどです。この休憩や昼食時にもマナーが存在するため、リラックスしつつも気を配るようにしましょう。

 

まず、昼食時にはクラブハウスへ移動します。昼食はクラブハウスでとることができるのです。そこへ入る前に、まずは靴に付着した芝を取っておきましょう。手で取る必要はなく、エアガンが置いてあるので、それを使って吹き飛ばします。

 

クラブハウス内にある食堂では、キャップは脱いでおきましょう。もし夏場で汗が滴り落ちるくらいに出ているようなら、一度ロッカールームに戻ってシャワーを浴びた方が、他のプレーヤーに不快な思いをさせずに済みます。着替え終わってから、あらためて昼食をとるようにすると良いでしょう。

 

昼食の精算はラウンド後にまとめて行いますので、その場で現金を支払う必要はありません。練習用ボールを購入する場合と同じく、昼食もロッカー番号と名前で購入できます。伝票にサインをするのが通例です。

 

また、昼食時には必ずカバン等は持ってくるようにしましょう。中には、カートに置いたままの人もいます。ゴルフ場は比較的安全な場所ではありますが、置き引きに遭わない保障はありません。クラブ等は置いておいて構いませんが、小銭が入っているカバンやロッカーキー等は置いたままにしないようにしておきましょう。ロッカーキーは様々な場所で使用するので、常に持ち歩くのが一般的です。