ゴルフ場

基本的なマナーを覚えておこう

男性

ラウンドする上でのゴルフ場の各エリアでのマナーを一通り覚えたら、次は基本的なマナーも忘れないように覚えておきましょう。

 

基本的なマナーというのは、ゴルフ場のどんな場所においても共通しているマナーです。

 

ただ、それがなぜいけないことなのかということは、一度実際にラウンドしてみた方がより明確にわかります。

 

最初にプレーをした後に、反省会の意味も込めて基本的なマナーの確認をすると良いでしょう。まず、ゴルフ場では大声を出さないこと。これは絶対に守る必要があります。特にプレー中の場合、その声が自分の組のプレーはもちろん、その前後のプレーに対して影響を及ぼす可能性があります。

 

大声を出していいのは、ボールがあらぬ方向へ飛んで行った際の「ファー」の掛け声だけです。それ以外はなるべく静かにプレーしましょう。時間の厳守も必須です。スタート時はもちろん、休憩を長く取りすぎて前後の組と間隔が空きすぎてしまうとゴルフ場のスケジュールが狂い、全体に迷惑が掛かってしまいます。

 

また、プレーの時間に関しても同様で、素振りを入念にしすぎたり、準備を怠ったりして時間を取ってしまうと、周囲のプレーヤーをイライラさせることになります。ゴルフはメンタルが非常に重要なスポーツですので、必ず時間は守りましょう。

 

また、基本的にコース上では走らないようにするのがマナーですが、次の組との間隔がほとんどない場合は、素早くプレーするだけでなく、打った後に走って自分のボールに向かうようにしましょう。次の組が迫っているのに、ダラダラ歩いて移動するのはマナー違反です。ただし、グリーン上でドタバタすることは控えましょう。

 

 

ジュニア世代のゴルフについて

今脚光を浴びているのがジュニア世代が始めるゴルフです。タイガーウッズの活躍や石川遼等の活躍により、自分もああなりたい、自分の子供をああいう風にさせたいと言う思う人が多くなってきていて脚光を浴びているそうです。ゴルフは昔はお父さんのスポーツと言うイメージが有りましたが、実は小さい内に始めておくと上達も結構早く出来るそうなのです。

 

タイガーウッズだって2歳の頃に、石川遼だって小さい頃からゴルフを始めたと言われています。ジュニア世代に関しては親の願いと言う所が割合を占めている様な感じがありますが、現在は全国中にジュニア用のゴルフ教室と言う物がたくさん有る様になったそうです。

 

また将来は親子でラウンドが出来るようにと、親と一緒にお子さんがレッスン出来る教室も有るそうです。この様に色んな世代から愛される様になったゴルフです。将来のタイガーウッズ、将来の石川遼が誕生する様にレッスンさせるのはとても望ましいかもしれませんね。もちろんどこの教室でも良いと言う訳では有りません。

 

どうせお金がかかるのであれば、効果が期待できる教室の方が良いに決まっています。調べ方も宣伝文句に踊らされることなく、口コミなどを頼りにして探していくと良い教室が見つかるのではないかと思いますし、色んな情報を手に入れる事が出来ると思います。

 

ジュニア世代のゴルフは、身体が本来出来て来る時に始める事になりますので、しっかりと身体の芯まで叩き込む様に出来れば良いですよね。