タイガーウッズ

アマチュア時代のタイガーウッズ

男性

結構有名なゴルフプレイヤーにあるエピソードですが、タイガーウッズがゴルフを始めたのは父親の影響だったそうです。

 

父親はアメリカ陸軍特殊作戦部隊と言う所の元将校と言う肩書を持ち、スクラッチ・プレイヤーとしての肩書も有りました。

 

そんな父親からわずか生後9ヶ月にしてゴルフの手ほどきを受けはじめたそうです。

 

その成果は直ぐに芽を出し始め、幼児ゴルファーとして南カリフォルニアではかなりな有名人となっていたそうです。南カリフォルニア・ジュニアゴルフ協会(SCJGA)に加盟したのもわずか4歳になったばかりの頃でした。ジュニアゴルフでは1ラウンド9ホールで回るのですが、幼児ながら試合で10歳の子に勝つと言う偉業を成し遂げたのです。

 

そこからのタイガーウッズの経歴は華々しいもので、8歳でスコアが70台になる等、凄いスピードで実力を付けていきました。地域ではなく全国規模の試合に出られる様になったのは13歳の時でした。ジョン・デーリーと言う当時は無名の人と同じ組でラウンドしました。

 

結果的にはジョンに1打差で負けてしまう事になりますが、途中は2打リードにまで持って行くなど、実力を遺憾無く発揮していました。ゴルフ指導は4歳の頃からずっと受けていて、10歳まではルーディ・デュラン、17歳まではジョン・アンセルモに指導してもらっていたそうです。

 

その後、あの名門大学であるスタンフォードに入学してからも偉業を次々と叩き出していきました。凄かったのは、全米ジュニア・アマチュア選手権で3連覇、全米アマチュア選手権で3連覇した事だったそうです。タイガーウッズのアマチュア時代は本当に華々しい物でした。

 

 

ゴルフで使うクラブ

ゴルフクラブにはウッド、アイアン、パターと言う様に様々なクラブが有ります。コースを回っている時、その状況に応じて適したクラブを選び、それを使って打つ事になるのです。よくドライバーでもゴルフショップに行くと「タイガーウッズモデル」とか言って置いてありますよね。

 

タイガーウッズが使っているのと同じタイプのクラブと言う事で、ファンであればついつい買ってしまいたくなるでしょう。こうしたゴルフですが、たくさん買って持っていたとしても、実際にコース内に持って入れるクラブの本数は決まっていて14本以上は持っていけないそうです。これはパターも含めた本数となっています。

 

何となく第1打目はドライバーで、グリーン以外ではパターを使わない的なイメージが有りますが、使うクラブに関しては特に定められてはいないそうで、自分の判断の基でクラブを選んで打っていけばいいのです。結局はどのクラブを使って、どう打ったら最短打数でカップに入れられるのか?これに尽きると思います。

 

ただ飛べば良いと言う事ではないのですね。ゴルフ初心者の場合、クラブ選びから始めると思いますが、憧れるのは分かりますが、タイガーウッズモデル、石川遼モデルばかりに気を取られないで下さいね。ショップでは実際に振れる所も有りますので試打をしてみて自分に合うと思った物を購入する様にして下さい。

 

ショップの店員さんに聞いてデータとか取ってもらうと良いでしょう。高くなくても有名じゃなくても大丈夫です。人それぞれ合うクラブは違います。先ずは振りやすいかどうか?ボールに当たりやすいかどうか?それを基準に選ぶと良いでしょう。その上で練習をし、しっかりと打てる様になってきたら改めてデザイン等にもこだわっていくと良いと思います。