タイガーウッズ

タイガーウッズのルーツとは?

男性

タイガーウッズの家系は様々な人種の血が入っている様です。

 

父親方は半分はアフリカ系アメリカ人、中国人の血が1/4でネイティブアメリカ人が1/4と言う血筋、母親方はタイ人が半分で中国人1/4、オランダ人1/4と言う血筋だそうです。

 

よくタイガーウッズはアメリカ系ではないかと言われていますが、意外にも実は1/4しか入っていないのです。

 

逆に中国人やタイ人の血筋が半分と言うアジア系である事がお分かりいただけると思います。こうした人種的な事から当初タイガーウッズは自分の血筋のルーツについてはあまり語る事が無かったそうです。しかし実際にアメリカでは肌の色に対してまだ偏見も有るのか、プレイ出来ないコースも有ったそうなのです。

 

そしてプロになり、NIKE社と契約し、『Hello World』と言うCMに出演した際に、「肌の色のせいでプレイ出来ないコースが有ると言う事」「プロに僕はなったけど準備は大丈夫か?」と言う様なメッセージを投げたそうで、全米中に大きな衝撃が起きたそうです。

 

もちろんこのCMに対しては賛否両論有ったと思いますが、ゴルフと人種問題を絡ませる事に批判をする人は多かった様です。そしてその後、あるテレビ番組のインタビューで「何人なのか」と言う質問が出たそうで、「血筋から言って白人でも黒人でもアジア人でもある」と答えたそうです。

 

人種の問題は根深く、色んな見解があるので本当に難しい事と言えます。タイガーウッズが自分の事を「コーカネイジアン」と言う事からもお分かりいただけると思います。

 

 

アマチュアで参加できる大会

有る程度ゴルフが上達してきたら、どの位の実力が有るのか試したくなるのも当然だと思います。タイガーウッズになった気分になって、アマチュアの大会に出場してみたらいかがでしょうか?アマチュアのゴルフ大会に参加する為には有る程度の実力が有れば十分に参加可能です。

 

ゴルフ練習場に行くとポスターが貼ってあったり、インターネット等で調べてみても良いかもしれませんね。ここで重要なのは有る程度の実力が有ると言う事が条件になります。ハンデがシングルの人であれば参加資格は十分という事になるでしょう。つまり70代で回る事が多い人と言う事ですね。

 

80代でも可能です。色んなレベルで参加できるアマチュア大会が有りますので参加してみると良いでしょう。調子が良いと本当の気持ちが良いラウンドが出来るし、自分のゴルフがこれだけ認められるんだと言うステータスにもなると思いますよ。

 

もし正式に参加したいと言うのであれば、ゴルフ会員権を取得して自分のゴルフ場を持つと言うやり方が有るみたいです。とは言うものの、今はゴルフ会員権を取得する人ってあまりいませんので、もうちょっと敷居が低い大会が多いようです。

 

あのタイガーウッズだって、海外では有りますが幼少の頃にアマチュア大会に出ていて優勝を何回もしていたと言います。今現在大人であるならば、タイガーウッズの様になるのは無理かもしれませんが、実力試しに参加してみて優勝を目指してみると良いですね。