女性の方がゴルフを上達するには?

女性の方がゴルフを上達するには?

女性

女性の方がゴルフを上達するには、何よりも正しいスイングを安定して続けられるようになることが一番です。

 

これは女性だけでなく男性にも言えることですが、特に女性はゴルフの悩みを飛距離の問題に考えがちです。

 

確かに、男性と女性が全く同じ飛距離を出すことはできません。

 

プロのレベルになってくると、かけられるスピン量などもボールのコントロールに大きく影響してくるでしょう。

 

しかし、男性と同じ土俵ではありませんが女性のプロゴルファーもたくさんいます。飛距離が劣る女性でも、正しいスイングを突き詰めていけばスコアアップは十分可能です。

 

まずは飛距離を伸ばすことよりも、ドライバーは確実にフェアウェイを、そしてアイアンは確実にグリーンをとらえることを重視しましょう。特に多くの方に問題になってくるのは、スライスになるのではないかと思います。

 

肩が突っ込んでしまう、ひじが開いてしまうなどいろいろな問題があります。正しいスイングは、ゴルフに慣れていない時に行うと「窮屈」に感じるものだと思います。楽な打ち方でボールをとらえる癖がついてしまうと、なかなかスコアは伸びません。

 

ゴルフ教室で正しいスイングを身につけ、ゆっくり時間をかけて上達していくことを考えましょう。

 

どうしても飛距離が気になるという女性は、足腰のストレッチやウォーキング、ジョギングなどで下半身を強化してはどうでしょうか?ダイエットにもなりますし、下半身がしっかりしていればスイングで体の軸がぶれにくくなります。

 

 

グリーンでのマナーとルール

グリーンはゴルフ場の中でも非常に重要で、しかも繊細なコンディションキープが求められる場所です。また、集中力も非常に大切になる場所です。そのため、グリーン上には数多くの大切なマナーがあります。

 

まず、全員がグリーンにボールを乗せた時には各自自分のボールにマーカーをしてボールを取り除き、カップに近い人はピンを抜きます。抜いたピンは邪魔にならないところにそっと寝かせておきましょう。

 

この一連の動作の中で気をつけたいのは、他の方のラインを絶対に踏み荒らさないということです。ラインがスライスやフックしていることもあるため、ラインのそばを通ったりラインをまたぐのもよくありません。

 

遠回りになっても、プレイに関係ない場所を通っていきましょう。この時以外も、できるだけグリーンを荒らさないようにする工夫は必要です。できるだけ静かに、必要最小限の歩数で移動するようにします。

 

アプローチの衝撃でグリーンに傷がついたとき、つまづいてしまった時などはグリーンフォークでしっかり状態を整えましょう。最後に、他人のパットを邪魔しないということは基本中の基本になります。

 

女性の方は、特におしゃべりに気を使っていただきたいと思います。自分がパッティングを終えた後も、他の方はまだプレイング中です。

 

女性同士のおしゃべりも楽しいものですが、速やかに次のホールに移る準備をすると同時に他の方のパッティングが終わるまで静かに待ちましょう。他人のプレーを「見る」ということも、ゴルフマナーの一つです。