女性ゴルファーのゴルフウエア選び

女性ゴルファーのゴルフウエア選び

女性

女性のゴルフの楽しみ方の1つに、キャディバッグまで含めたゴルフファッションもあるのではないかと思います。

 

女性のプロゴルファーがビジュアル面でも注目を集めているほどで、そのゴルフウェアも本当におしゃれなものが多いです。

 

最近は、一般の女性ゴルファー向けのウェアもとても数が増えてきました。

 

自分に似合うデザインのウェアを選ぶことはとても大切ですが、できればウェアの性能についてもこだわってみたいものです。

 

特に汗をかいたときの吸汗性などは、どんなゴルファーにとっても大切になります。

 

長時間外でプレイするわけですから、快適さは何よりも重視しなければいけません。スカートは、外套を着用した時のことも考えてコーディネイトしましょう。

 

雨が降った時はもちろん、ゴルフ場では気温が急に低くなりウインドブレーカーが必要になることもありますよ。

 

また、おしゃれなものを選びたい気持ちはわかりますが、できるだけ「華美」になりすぎないようにしてください。ゴルフはとてもマナーが大切にされるスポーツで、服装にもマナーがあります。

 

いくら動きやすいからといって、ジャージはせいぜい練習場まででしょう。また、ジーパンなどのデニム地もマナー違反とみなされることが普通です。華美なものも、行き過ぎるとあまり好ましいとはされません。

 

特に、ゴルフ場で光を反射するようなアクセサリーなどはあまりつけないことをおすすめします。一緒に回っているプレイヤーにとって邪魔となりますし、スポーツにはやはりふさわしくありません。

 

 

ティーグラウンドでのマナーとルール

ティーグラウンドは、ゴルフ場の中でグリーンと並んで非常に集中力が求められる場所です。全員が気持ちよくティーショットを打てるようにしたいものです。ティーショットを打つ順番は、前のホールでのスコアがよかった人からになります。

 

前のホールでのスコアが同じなら、その前のホールでのスコアがよい人が先です。もし女性と男性が一緒にプレーし、レディースティーから打つ人がいる場合には、先にバックティーの方が打ちます。

 

その後、レディースティーから打つ女性ゴルファーが打ちます。これは何よりも最優先になりますから、前のホールのスコアが女性のほうがよくてもレディースティーが先ということはありません。

 

後ろからのボールが当たっては危険ですから、レディースティーから打つ方も男性が打ち終わるまではバックティーにいましょう。マナーとしては、やはり他人の邪魔をしないということに尽きるでしょう。

 

打とうとしているプレイヤーの、視界に入る位置にはいないようにしましょう。かといって、背後に立つのもよくありません。バックスイングで目に入ってしまうためです。もう1つ、物音も集中を妨げる大きな原因となります。

 

ボールやティーをバッグやポケットから取り出すのも、他人のショット中は避けるべきです。速やかなプレイングのため、前のホールからの移動中にそうしたことはしっかり準備しておきましょう。

 

一方打つ側も、できるだけ次組のゴルファーのため速やかにショットを打ちましょう。何度も深呼吸をしたりなど、無駄な時間はとらないようにすべきです。