女性ゴルファーのゴルフシューズ選び

女性ゴルファーのゴルフシューズ選び

女性

ゴルフの練習場でボールを打っているうちは、専用のものではなく履き慣れたスニーカーで十分だと思います。

 

ですが、実際にラウンドするまでにはゴルフシューズを一足買い揃えておくといいでしょう。

 

ゴルフ用のものは、地面を踏みしめやすくなっているためスイングが安定しやすいですし、長時間歩いても足が痛くなりにくいものがほとんどです。

 

男性用も女性用も試着してみて、ぴったりフィットするものを選びましょう。

 

つま先が余ったりするようなら、スイングの際に足が靴の中でずれてしまいますのであまりよくありません。

 

足が痛くなることもありますし、スイング自体が安定しなくなるかもしれません。また、雨の中でプレイすることを考え、撥水性が高いということも大切です。

 

最近は、スパイクがないタイプのゴルフシューズも増えてきました。歩幅の小さい女性の方、初心者の方はこちらを選ぶことをおすすめします。

 

なぜなら、スパイクで歩くたびにグリーンの芝生が少しずつ傷ついていくためです。グリーンは非常に繊細で、特にカップ周りの凸凹は後続のプレイヤーに大きな影響を与えます。

 

マナーとしても、できるだけグリーンを歩き回らないようにすることは大切です。どんな方でも、ある程度グリーンの上を歩かなければいけないことはあります。

 

初心者のうちは、どうしてもその歩数も多くなってしまうので、できるだけグリーンを荒らさないよう気をつけましょう。

 

どたばた走ったりせず、できるだけ底が芝を傷つけないようなシューズを選ぶことが大切です。

 

 

ハザードでのマナーとルール

ゴルフの面白さを増す要素に、ハザードがあります。バンカー・池が上手に配置されていて、その戦略性を彩っています。もちろん、ゴルフではハザード周りでも大切なマナーやルールがあります。

 

女性の初心者ゴルファーでも、最低限気を付けなければいけないこともありますよ。まず、池にボールが入ってしまった時はボールが池に入った場所からカップを結んだ直線の延長線上、後方の打てる位置まで下がってボールをドロップします。

 

ですが、もし池に入ってもボールが打てるようならそのまま打っても構いません。この場合気をつけなければいけないのは、「スルー・ザ・グリーン」の基本であるそのままボールを打つということです。

 

女性の場合は難しいと思いますので、素直にドロップを選択することのほうが多いでしょう。次に、バンカーについてです。バンカーで大切なことは、打った後にバンカーを必ずレーキでならすということになります。

 

足跡も、ショットの時についた跡もきれいにしてからバンカーを後にしましょう。レーキはバンカー内ではなくバンカー外に寝かせておきます。

 

バンカーでも池でも、もう1つ守らなければいけないルールとして、クラブをバンカーや池にショット前から触れてはいけないというものがあります。

 

ショットではバンカーの砂、池の水面に触れずに打つことはできませんが、アドレス時に水面や砂にクラブをつけるのはいけません。手でバンカーの砂を取り除いたりすることもいけませんので、気をつけましょう。